<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
              
             
                                            




New Entries
Category
Recommend
Archives
          
Links
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM


見える化って大事です。

最近FiNCというアプリを利用しているのですが、これが結構いいんです。

 

前回ちょっと書きましたが、プレミアム会員になると法人会員料金でジムが利用できたり色々他のダイエットアプリにはないメリットがあり月会費を払ってもイイなという結論に至り利用しています。

 

で。

 

プレミアム会員になると体組成計が無料でレンタルできます。これは実際に今利用しているのですが、スマホのアプリと連携して自動で記録を残せます。

 

使い方は簡単、最初に設定は必要ですが、一度繋いで仕舞えば体組成計に乗る前にアプリで体重記録の画面を開きそのまま組成系に乗ればあとは自動で記録してくれます。

 

数値でもですが、グラフにもしてくれるんですが、このグラフって大切だと改めて思いました。

 

ダイエットで体重を減らしたいのは勿論ですがこのグラフが思った以上にブレーキとして効果があるんですね。

 

FiNCのグラフ

 

油断するとグラフが上に行くし、徐々に下降させたい訳でして。

 

目に見えるというのはやはり効果抜群です。アプリ起動させて体重計に乗れば自動で記録とグラフにしてくれるんですから楽チンこの上ない。

 

そしてこの組成計では

 

これだけ測れるよ!

 

これだけの項目が記録できます。

 

数値は勿論ですが全てグラフ化されていますのでイイ刺激になります。

 

他のアプリと連携できる体組成計を使用したことが無いので比べようがありませんがとても便利。甘いものが欲しくなった時も食べ過ぎを防げるし、ポイント貯まったらレンタルは返して(返品の時に送料はかかるけど。)購入しようかと検討中。

 

就寝前に計測して、起床後すぐに計測して若干でも減っていれば嬉しくなっちゃいますね。

 

勿論、プレミアム会員にならなくも結構使えるアプリなのでFiNC、おすすめです。

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット

posted by: 琉架 | つぶやき | 02:09 | - | - | 編集|
0
    ジョイにも法人会員制度、あったのね。

    はい、ということで。

     

    もともとコナミは会社関連の法人会員で初めから入会してました。

     

    その後ジョイにも入会したのですがジョイは一般会員として入会していました。 が。ひょんな事で 法人会員制度があることが分かり早速手続きに。

     

    FiNCというアプリを知っていますか?

     

    もともと無料なのですが、有料プランもあり、その有料プランの中に色々な優待がありその中にコナミとジョイ、他にも色々ありますが法人会員として入会できる優待があったんですね。

     

    それがベネフィットです。

     

    コナミ、ジョイ、LAVA、フィットネス24などなど結構いろいろなスポーツジムが優待受けられます。もちろん他の優待も充実してましたけど。

     

    法人会員の会費で通えたりそれ以外にも日帰り温泉だったり、食事や娯楽でも優待があったりします。

     

    ベネフィットが付帯されているものがあれば一度優待を確認してみるといいかもしれませんよ。

     

    posted by: 琉架 | ジムライフ | 22:27 | - | - | 編集|
    0
      今年も。
      先週から色々とあった北の大地ですが、食欲の秋、と言うか食べ物の旬は容赦なくやってくるワケで。

      今シーズンに入り、今の旬と言えば!


      ジャーン!



      の筋子です!

      良さげな生筋子を見つけたので早速イクラの醤油漬けに。

      明日の晩辺りから食べられるかな。

      楽しみです。
      posted by: 琉架 | つぶやき | 21:17 | - | - | 編集|
      0
        震災・被災して感じたこと  = 胆振東部地震 =

        9月6日の早朝3時8分ごろ起きた胆振東部地震。

         

        その日は何故かふと目が覚めて時計をみて「まだ早いじゃん。寝よう」と思った瞬間、アラートとほぼ同時に揺れを感じました。普段のちょっとした地震と感じが違いなにか嫌な感じを受け慌てて着替えて階下へ。

         

        家人もみな起きていました。

         

        揺れたね、びっくりしたね、そうだN○K見よう、と地震情報を確認していたその瞬間いきなり暗闇に。そこから私の住んでいる地域は約40時間停電が続きました。(電気が復旧したのは7日の19時ごろでした。)

         

        停電にはなりましたが幸いなことに居住地域には大した被害もなく、また水もガス(PL)も使えたので食事は買い置き品でなんとか対応できました。

         

        夜明け後も当然ですが停電のため信号機も消えており、出勤するべきか考えていたとき自宅待機の連絡が入りそのまま6〜8日は結果的に待機となりました。

         

        そんな状況で震災・被災ということを強く感じたのは日が登りできればモバイルバッテリー(電池タイプ)と食料を買い足したほうがいいだろう、と最寄りのコンビニに行ってみたが辛うじて開店していたもののものすごい人・人・人。あんなに並んでいるのは初めて見ました。

         

        そして少し時間を開けて再度足を運んでみたものの驚くほどの空っぽ具合。あんなに棚がすっからかんなのは初めて見ました。店そのものもですが、交通網がやられていたため当然配達されてくる荷物が来ない。当然売るもの・補充品がないので棚はどんどん空に。食べ物もでしたが、飲み物もアルコール以外はほぼ空に。

         

        とにかく電気が来ないので冷蔵室の腐りやすそうな物から献立も何もなくて捨てないで済むようと、さっさと食べるという使命に駆られ必死でした。

         

        電気がこない間、情報はラジオが頼り。ネットは不安定で繋がったり切れたりを繰り返してました。wifiが駄目で3Gにすると辛うじて繋がったりということの繰り返し。

         

        日が暮れてからはろうそくの明かりで過ごしていました。

         

        7日、二日目も自宅待機、ガソリンは入れておこうと8時ごろからスタンドに並び2時間弱待って入れることができました。幸いなことに数量制限も私の番のときはまだ掛かっておらず、こんな状況なのでお釣りなしかカード(使えることにびっくり)でお願いしますと言われカード使えるなら、と満タンにしてきました。

         

        その後何箇所か徒歩で行ける範囲の店を何箇所か回るも閉店しているか空いていてもほとんど物がない状態でした。

         

        買い置きやらなんやらでなんとかなってはいたのですがピンチだったのが携帯。充電はどんどん無くなりどうしようかと思案していたものの、たまたま別件で使う予定だったモバイルバッテリーが2台あり、自分と家人のiPhoneを充電。その後不足分はそれぞれのMacBookから補いました。

         

        7日の夜はろうそくも残り少なく、どうしようか困っていたところたまたま見つけたオイルランプを急遽作りろうそくとランプで凌ぐ予定でしたが7時ごろなんとなく外を見たときに街灯が灯り電気が来たのを知り2日連続のろうそく生活は送らなくて済みました。

         

        翌日は信号も復活していたので安心して買い物など行ったのですが保存食っぽいものはほとんどありませんでした。それでも缶詰やカップ麺や乾麺があったので少し買い込みました。

         

         

         

        6日 AM3:08頃 胆振東部地震発生

           AM3:20頃 停電 生きてるライフラインは水とガス。

         

        7日 PM7:00頃 電気復旧

         

        16日 現在も店舗の商品陳列はまばら。完全に復旧するまでにはもうしばらく掛かりそう。

         

         

        今後準備したい。

         

        明かり

        ランタン(広範囲)、ヘッドライト(両手が空くので)

         

        情報

        手回し式ラジオ(ライト、携帯に充電できるタイプだとなおよし)

         

        バッテリー

        ソーラー式、手回し、電池

         

        食料

        水、そのまま食べられる物、人数✕数日分

         

        ペットがいる場合はペットのための非常用品。

        posted by: 琉架 | つぶやき | 00:07 | - | - | 編集|
        0
          新たなる試練。今回も健康保険限度額適用認定書にお世話になりました。

          7月にICLの定期検診に行ってきたのですが。

          そこで精密検査を受けるように指示されました。

          眼圧が高めなので一度精密検査しておきましょう、と。

          そこから予約を取り精密検査へ。

          残念ながら緑内障の超・超・超初期でした。

          視野の検査でもまだ問題はないけど若干の欠けが出ており、このまま放置すれば更にかけていく、要するに失明に進んで行くとのこと。それを防ぐために眼圧を下げる処置が必要になる訳です。

          目薬による方法、レーザーによる方法、外科的処置とあるのですが、目薬だと数時間置きに点眼であったりと仕事しながらはちと厳しいと思い、レーザーによる方法を選択。両目で5〜6万はする処置ですが、半年から1年、状況により更に持つ処置となります。

          で、ここでも役に立つのが子宮筋腫のときにも申請した「健康保険限度額適用認定書」です。

          同じ月内なら規定金額以上にはかからないので(同病院内、同診療科、違う診療科や病院だとそれぞれかかる)サクッと申請してそれで診療してもらいました。

          金額も規定以上はかからないので保険診療なら安心して治療を受けることができます。

          前回は健保に行かないと発行してもらえなかったんですが、今は変わったらしく、基本郵送受付、送付だと言われました。でも今回は事情が事情だったのでなんとか即日発行してもらいましたが嫌味をチクリ、と言われました。

          まぁ、お役所系統はそんなもんでしょう。

          安心して治療受けられるのならこのくらいの嫌味なんでなんのそのです。HPみて確認しておいたけど、受付・発行は郵送のみ、なんて書かれていなかったんですがね。

          どちらにしても非常に使い勝手のいい健康保険限度額適用認定書。保険診療が高額になるとわかっている場合は申請しておくと安心です。一度申請すれば最長1年使用できるのもありがたいです、

          ただし金額の計算は病院ごと、更に複数の診療科がある場合はその診療科ごとになるのでご注意を。

          posted by: 琉架 | 視力回復への道 | 00:58 | - | - | 編集|
          0