回復の決め手になったのは。

2016.12.22 Thursday

0

    ネットで耳年増になっていた自分。

     

    向精神薬の副作用の事も見すぎて変に怖いと感じていました。

     

    だから先生には初めからその事を伝えていました。

     

     

     

    いろいろ話をしていたときにふと思い出して相方に浴びせられたあの言葉についても話しました。

     

    すると。

     

    精神的な患者に対しては「相手を憎め」といった事は決して言わないそうです。

     

    よくよく考えればそんな事を言って回復すればいいけど、考えがあらぬ方向にいけば危険な事態を引き起こすかもしれない訳で。

     

    もしこの言葉を発したのが医師であれば問題発言だそうで…

     

    まずは何も無くてよかったのですがね。

     

    クスリもいろいろ要望を聞いてもらって副作用が弱めであろうものから出して貰ったのですがこれで一度大きな副作用に合いました。夜勤手伝いに駆り出され、仕事後に夜食を食べ、クスリも飲んでさあ、帰宅しましょう、と帰宅したのですが、途中で手のしびれ、動悸、めまいが出始め家についたときにはホッとしたのもあるのでしょうが居間で倒れ込んでしまいました。

     

    そのとき病院通いを始めた事が家族にバレてしまいました。

     

    翌日電話でその状態を話し、該当するクスリをやめることに。そして幾つか試し、長期間飲んで居たのがSSRIのメイラックスです。かなり長い間服用してました。頓服でデパスも。状態は改善して来ているものの、イマイチ決め手がなく、休職なども経験し、あるとき先生から抜く時大変だけど、効きの良いクスリがあるけど試してみるかい、と言われました。

     

    これがパキシルとの出会いでした。